コロナを生き抜くヒーラーのブログ

認知科学や能力開発を使いつつ、内部表現書き換えやってます。最近は政治経済や副業Ubereatsの話も多いです。

不自由さはないが、自由だと感じない。合っているが、楽しいわけではない。

ウーバーイーツについて。この職業は、自分に合っているはいるけど、心底楽しめているかどうかは微妙な感じがしています。

・不自由さはないが、自由だと感じているわけではない。

・合っているが、めちゃくちゃ楽しいわけではない。

みたいな。これ以上楽しむとなると、別の要素が必要くさいです。

 

苦しんでいる人がいる中、贅沢言うなって感じですが・・・。

デリバリーは店の方・客とのコミュニケーションは存在しますが、適切に距離感があります。短時間ですし。この距離感は絶妙なんですけどねぇ。

 

1対1のコミュニケーションだと、空気を読まないといけない「きつさ」がつきまといます。これが怖い。ただ、たまーに絶妙な距離感で話せる時もあります。

例えば、自分が誰かを通して会話するときなどがそうです。

・自分+仲のいい人 ⇆ 会話相手Aさん

※↑仲のいい人がパイプ役(?)になっているイメージ。

「一見、人との距離感が近いけど、自分的には遠さを感じながら、楽に話せそう」なんですよね。こういうのを利用できないかなー?などと最近考えています。変に頼りすぎると、自分のコミュニケーションともいえない感じがしますし、難しいですが。

 

【今やってるサービス】

ただ一緒にゆる体操するだけの時間を作ります

能力開発Web練習室

★連絡先・プロフィールはこちらのページをご覧ください。