認知科学を用いた傾聴とヒーリング~あとオンラインアジール作り

認知科学や能力開発を使いつつ、内部表現書き換えやってます。最近は政治・経済の話が多いです。

科学は時に暴力よ

乙武さんのチャンネルで、「過去にワクチン接種(この時はインフルエンザ)をして体調が逆に悪くなってしまった」というエピソードをお話しされていた。

乙武さんのような身体だとどういう反応が出るかわからない、と。

いくら治験したといっても、そこに自分が入っていたわけではない。

 

身体のことを調べると、わからないことは多数出てくる。奇病や未解決の病気はたくさんあり、いまだ原因不明なことは山ほど、ある。

 

タレントの狩野英孝さんは、一般の65倍のアレルギー指数があるらしい。

一般の人のアレルギー数値が「約170」くらいだそうですが、狩野英孝さんは「11144」もあるのだそう。

狩野英孝、一般の65倍のアレルギー指数を受け…自信の改善法を伝授 (2020年3月6日) - エキサイトニュース

そういう数値を出しているということはわかるが、なぜそこまで逸脱しているかの説明を完璧にすることはできない。

 

人間の身体は一人一人必ず違う

科学では、これだけの人を調べて(分母)、こういう傾向が出ました、という。

だからあなたも、という。

しかしあなたはこの分母には入っていない。あなたという個体は入っていない。人間の身体は一人一人違う。