コロナを生き抜くヒーラーblog

苫米地・高岡理論を使いつつ、内部表現書き換えやってます。最近は政治経済や副業Ubereatsの話が多いです。

天才の技術を盗む難しさ

天才施術家がいると、その天才やっていたことを体系化しようという流れが出てくる。野口晴哉後の体癖。ミルトンエリクソン後のNLPなどがそれにあたる。

情報を残すことは後に続くものの使命ともいえるし、やってることは正しいと思う。が、なんせ相手は天才だから、盗むといっても限度がある。

だから一部しか盗めなかったり、技術の根幹の部分は盗めない、ということが起こる。ミルトンエリクソンの治療の肝は非言語書き換えだが、そこに関してNLPが薄いように。

 

武術家や療法家の上下の伝達で、いつの時代もこういった自体が起きているのではないか?

合気の植芝盛平さん→塩田剛三さんといった事例もあるので、なんともいえないが、情報を残すのは本当に難しい。天才的な実力の持ち主も自分がなぜその実力を持つに至ったのか、わかっていない節がある。