みらブログ

デフレで疲れた方の身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。身体・無意識開発をメインに活動中。苫米地・高岡理論をなんとか使ってます。

ドキュメンタリーのほとんどは創作である

今日は雑談。

最近は映画が自分の中で流行り、なるたけ安い日に

日向坂46ドキュメンタリー映画 3年目のデビュー | 2020年8月7日(金)全国順次公開

映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』公式サイト

坂口拓主演・山﨑賢人出演映画『狂武蔵』公式WEBサイト 株式会社WiiBER(ウィーバー)

映画『れいわ一揆』公式ホームページ

の4作品を観賞。全作品、ドキュメンタリー(※狂武蔵も坂口拓さんのドキュメンタリーみたいなもん。)

ドキュメンタリーという「編集」

特によかったのが、れいわ一揆。

見ている最中、「あぁこれまでに見ていたドキュメンタリーは創作だったのか」と強く感じました。

ドキュメンタリーって、効果音などの効果によって「こういう風に見てよ」という仕向けられている感(例えばラストシーンで感動するように仕向けられてる感じ)がありませんか?

映画であれテレビであれ、100人いたら100通りの自分のレンズ(内部表現)を通して見るわけで、感じ方は100通りになるはずです。その反応の仕方を、編集者が絞ってきている、そう感じます。

まとめ

れいわ一揆はそうした感覚を感じませんでした。というわけで「れいわ一揆」おすすめです。もう映画は終わりかけてるけど汗。原監督の他のも見るかな・・・。

欅は重苦しく、狂武蔵は虚しく、明るいのは日向の映画だけでした笑

でもどれもオススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【ブログについて】

脳科学・身体をベースとした「ヒーリング施術」やってます(過去に頂いた感想も掲載しています。)

新しい試みも開始↓↓↓

ブログ主(永野晋太郎)については、こちらのプロフィールのページをご覧ください。

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今日の雑談のコーナー】

鬼滅の22巻を読んでみた。 

鬼滅の刃 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

殺伐とした空気の中での、炭治郎のような優しい人間・・・というのがいい組み合わせの漫画。両面あるからウケたのかな?。