みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

映画、狂武蔵(感想)

「狂武蔵」、見てきた

狂武蔵、見終わりました。拓さんを初めてしったのが「RE:BORN(リボーン)」


坂口拓・斎藤工・大塚明夫共演!『RE:BORN リボーン』予告編

今作はリボーンより数年前に撮影された77分ワンカット映画。肩甲骨・肋骨を使ったウェイブはこの時にはまだありません。稲川先生に習う前ですね。しかしながら当時から(身体的に)格段にゆるんでいる拓さんの動きが延々見れます。


『狂武蔵』海外版 予告編!【 1人 vs 400人】"坂口拓"ロングインタビュー & 本編映像を一部解禁!!

以下、感想。

1 飽きる

いや、飽きるで。本当に延々と敵が切りかかってきます。それに対応する拓さん。予算と人の問題でしょうがないですが、延々と同じ人間が切りかかってきます。対応の仕方も素人目には同じに見え、いくらなんでも、流石に飽きる。

2 飽きてからの本番

が、しかし、「飽きたなー」と思っていても中盤くらい(?)から、変化が出てきました。拓さんはずっと延々動き続けるんですね。「なげぇなげぇ」と思いながら見てても。当たり前ですが。延々と、ただ対応し、動く。

その拓さんを見てると、流石に1人の人間がここまで動き続けることに感動してきました。特に門の辺りで長時間戦う辺りくらいからは、感動なんだか、虚無感なんだか、そういうのを感じつつ、見ていました。

フラッフラになりながらも、動き続ける。仮にこれがスポーツ、例えばボクシングであれば、途中で止められて終わりでしょう。

3 ラストはかっこよし。

ラストは現代拓さんがでてきて、さらに進化したアクションが見れます。本編からすると、一瞬の長さですが、それでもかっこいい。やっぱかっこいいです笑

まとめ

良くも悪くも本当にイカれてるんだな、というのが感想。Youtuberの拓さんだけを見てると、どう対処していいかわからないかも。

拓さん自信、この映画の撮影後、精神状態がボロボロになったらしいです。

「77分ワンカットワンシーンで、ルールなし。終わったあとは精神状態もボロボロになり、俳優を引退しました。それをプロデューサーや下村さん、山崎賢人さんが復活させてくれた」

坂口拓が骨折しても戦い抜いた「狂武蔵」回想、山崎賢人は「キングダム」から成長(映画ナタリー) - Yahoo!ニュース

自分としては「感動した!」「面白かった!」「すごい動きがみれて楽しかった!」というような感想はまったく抱きませんでした。スポーツだと、素晴らしく動き続けるマラソン選手やボクサーを見て、虚無感は抱かないんですけどね。なんなんでしょう、これは。

観るものに痛みを」(1分15秒↓)とはまさに。


【特報❷】共演 山﨑賢人 映画『狂武蔵』世界初 "77分ワンシーンワンカット" 【400人vs 1人】リアル剣術劇!!

というわけで、飽きてからが本番!の映画。完全に今までになかった映画でした。見て良かった。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【ブログについて】

脳科学・身体をベースとした「ヒーリング施術」やってます(過去に頂いた感想も掲載しています。)

ブログ主(永野晋太郎)については、こちらのプロフィールのページをご覧ください。

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今日の雑談のコーナー】

・台風がくるとのこと。晴ればっかりだったが、少しずつ涼しくなるし、夏がさっていく感。