みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

アファーメーションで細かなやり方は考えなくていい

オーソドックスなやり方は無視しよう

過去形・未来形でなく、「現在形」で書くこと。

例えば、「弁護士になりたい」ではなく、「弁護士になっている」の方がいい(未来形に直す)

断定的な言い方にすること。

例えば「プロのスポーツ選手になって、業界を盛り上げたいと思う」ではなく、「プロのスポーツ選手になって、業界を盛り上げている」の方がいい。

これらがオーソドックスなアファメーションのやり方になります。

無意識に届けば結局、言葉はなんでも聞く。

深く考えなくていい理由は

1 原則に則って文章を作った→

2 毎日つぶやく→

3 効いているはずだ→

4 でも効いてない

という事例が見られたためです。

シンプルにいえば、その言葉をつぶやいている時の意識状態はどうなってる?という問題をプラスした方がいいです。アファメーションは自分の想像する未来の臨場感を強化する、ただのツールです。

解決策

結局、未来形であろうが、疑問形であろうが、脳に届きさえすれば効きます。

本音を設定してみてください。

「んなことない。最初は臨場感なくても、やっていくうちに出てくるはずだはずだ」という反論もあると思うんですが、効果ないもんはないので、諦めてください。自分の脳が、その言葉を嘘かどうか見ぬいちゃってる場合、その「嘘をついている状態」を強めることになりかねないのです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ブログについて】

科学をベースとしたヒーリング施術や、情報身体・脳科学・身体の使い方を学べるWeb講座も開講しています。詳しくはこちらの「ヒーリング施術」ページをご覧ください(過去に頂いた感想も掲載しています。)

ブログ主(永野晋太郎)については、こちらのプロフィールのページをご覧ください。

職業:ヒーラー(気功師)、ゆる体操指導

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今日の雑談のコーナー】

梅雨入り。自転車稼働がやりにくい時期に突入。

コロナ禍のひどい状態を「もういいかな」と思うまでは、ウーバーで店舗の様子を見たいと思ってる。