みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

出産という動作と、仙腸関節と恥骨結合の関係

出産は身体にかかる負担がとてつもなく大きい

f:id:nshinchang:20200602214717j:plain

★骨盤の画像

仙腸関節は、股関節よりも胴体に近い位置にあり、周りの筋肉も硬くなりやすい部分です。専門家の中でも「果たして仙腸関節は動くのか?(関節として可動するのか?)」と長い間、議論されてきました。今では数ミリは動く、という意見が多いです。

出産時には特例中の特例で、その仙腸関節に加えて、恥骨結合もすこーしだけ動きます。

それくらい、出産は身体に負荷がかかるものなんですね。

骨盤周りの脳のプログラム

産後、恥骨結合周辺が痛む場合があります。

通常は使わない関節(?)を可動しているため、痛みが出てくるのは当たり前といえば当たり前。普通、時間が経過すれば、痛みも引いていきます。

しかし恥骨結合がズレてくっついてしまい、痛みが残る場合もあるようです。

改善策としては、事前に、骨や関節の位置を適切に脳に入れておくことです。プログラムづくりですね。ホメオスタシスの機能を利用して、骨盤が開いても、きちんと元どおりになるようにしていく、ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【今後の予定・お知らせ】

・6月7日 【無償ヒーリング】肩コリを溶かす・肩周りをゆるめよう。 

・6月7日 【無償ヒーリング】情報身体の臨場感を体験する

久々に遠隔再開しました!!

 

【ブログについて】

科学をベースとしたヒーリング施術や、情報身体・脳科学・身体の使い方を学べるWeb講座も開講しています。詳しくはこちらの「ヒーリング施術」ページをご覧ください(過去に頂いた感想も掲載しています。)

ブログ主(永野晋太郎)については、こちらのプロフィールのページをご覧ください。

職業:ヒーラー(気功師)、ゆる体操指導

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今日の雑談のコーナー】

コロナギャグ効いてきた。

教室の机に卓上シールド 亀山の小中学校で授業再開

こういうのも慣れてくると疑問を持たなくなってくるしなぁ・・・。