みらブログ

デフレで疲れた方の身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。身体・無意識開発をメインに活動中。苫米地・高岡理論をなんとか使ってます。

オープンダイアローグは気の質を変える

オープンダイアローグとは?

元々フィンランドで出てきた方法論で、斎藤環さんなどがよく紹介されています。

薬を使ったもの・明確な手順が決まったカウンセリングではなく、一言でいえば対話するだけのものです。

オープンダイアローグは統合失調などで効果をあげており、とあるデータによると、2年後の予後調査で82%の再発がありません。なぜ単なる対話で、ここまで治るのか、ヒーラー観点で考えてみました。

オープンダイアローグとは何か

オープンダイアローグとは何か

  • 作者:斎藤環
  • 発売日: 2015/06/22
  • メディア: 単行本
 

オープンダイアローグは気の質を書き換えている

結論からいうと、対話によって場の気の質を書き換えているのではないか?と考えています。

我々は脳の中で気を共感覚として感じています。「腹黒い」や「教室全体に元気がない」とかもそうです。クラスの人気者や、生徒に信頼のある先生がいるだけで、場の雰囲気が変わることってありますよね。

それと同様の効果が、対話によって起こっているのではないか?と。

非言語書き換えと同じ。

この効果は、ミルトンエリクソンが使っていた(といわれる)技術や、当ブログの非言語の書き換えの技術も同様のものです。

オープンダイアローグは言語を使ってはいますが、クライアントに直接「これをやって」と促しているわけではありません。言語をツールとして対話して、空間・場が書き換わる(≒非言語の部分≒気の質が書き換わる)ことによってクライアントを癒しているのでしょう。

「浄化」や「アンカー切り」などを使うと、場の書き換えも可能になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【今後の予定・お知らせ】

6月5日 【無償ヒーリング】肩コリを溶かす・肩周りをゆるめよう。 

久々に遠隔再開しました!!

 

【ブログについて】

科学をベースとしたヒーリング施術や、情報身体・脳科学・身体の使い方を学べるWeb講座も開講しています。詳しくはこちらの「ヒーリング施術」ページをご覧ください(過去に頂いた感想も掲載しています。)

ブログ主(永野晋太郎)については、こちらのプロフィールのページをご覧ください。

職業:ヒーラー(気功師)、ゆる体操指導

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今日の雑談のコーナー】

ベッドからクッションを変えてみたら非常にいい感じ。

 細かいところに気を配るのが大事と、度々思うようになった。