みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

無駄な会議はいらないが、対話は必要である

オープンダイアローグとは?

フィンランドで生まれたオープンダイアローグという手法があります。

これまでに統合失調の治療などで効果をあげてきました。

オープンダイアローグは一言でいうと「対話」です。この手法が画期的なのは、対話を重視し続ける点にあります。明確なカウンセリングの手順が決まっているわけではありません。

モノローグ形式の日本

日本の中でこれまで採用されてきた人間関係は、一方通行です。ダイアローグ(対話)ではなく、モノローグ(独り言)。

先生が黒板の前で一人で話をして(一人語り)、みんなは黙々とそれをノートにとる。先輩が一人で前に立ち、それをみんなが黙って聞く。我々は、こういう場面に何度も遭遇します。

そこに感情の交流・知識の交流・気の交流はありません。軍隊方式であり、上官の命令を黙って聞く「縦社会」の形といえるでしょう。

これからは「横」のゆるやかな繋がりを重視して、感情や気を交流させアイディアを出し合うべきです。

ビジネスを学ぶ場でもこのような「対話」を重視し、イノベーションを狙う動きがあります。

昔は、いかに無駄を減らすか・会社からの命令(号令)に最適化するかが求められていました。それこそロボットが正解です。

しかし、今必要なのは、「対話」による気の交流・感情の交流です。それが直接ヒーリングになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

【今日の雑談のコーナー】

いよいよ配信環境が整ってきた。二代目Mac miniさん降臨。

f:id:nshinchang:20200523003645j:plain

 

【今後の予定】

・5月25から講座が開始します!もう1講座追加予定!

オンラインゆる体操講座

オンライン美容ヒーリング講座

 

【ブログ主プロフィール】

永野晋太郎、詳しいプロフィールと連絡先はこちら

職業:ヒーラー(気功師)、ゆる体操指導、ウーバーイーツ配達員(副業)

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)