みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

月収と脱力は関係ありますか?(身体は資本である)

リラックスすることで得られる価値について考えてみました。

1 得られる資産を給料だけで判断できるのか???

問1 「Aさん月収30万円とBさん15万円、どっちが得ですか?」

→30万円の方が得に軍配。

問2 労働環境と条件を付加してみる

Aさん、月収30万円、労働時間8h+残業1hあり、休日出社も時たま

 職場は競争社会・ノルマあり、人間関係悪し。

Bさん、月収15万円、労働時間8h、

 職場は人間関係良好、全員で助け合い。

→+(資産)、-(コスト)が微妙になってきましたね。

 それでも、15万円の差は大きいです。

問3 2から起こることを、もっとわかりやすく可視化してみましょう。

Aさん、月収30万円、労働時間8h+残業1hあり、休日出社も時たま

 職場は競争社会・ノルマあり、人間関係悪し。

 腰痛、肩こり、便秘、生理痛、不眠症、冷え性etc...

Bさん、月収15万円、労働時間8h

 職場は人間関係良好、全員で助け合い。

 快便、美肌、精神的に活力、熟睡etc...

→相当負担が増加していることがわかります。

f:id:nshinchang:20200515224358j:plain
 

2 可処分所得と可処分時間を支えるのは、身体である。

自由に使えるお金、自由に使える時間がどれだけ残るかで考える

次に「可処分所得」と「可処分時間」という考え方を取り入れてみます。

・可処分所得:税金などを抜いた、自分の意思で使えるお金

・可処分時間:自分の判断で自由に使うことのできる時間

ここで考えるべきは「自分が自由に」の部分。

ストレスにより内臓へのダメージで生理痛や便秘、慢性疲労により肩こりや腰痛が増える。すると・・・

最低でも絶対8時間は寝ないと身体が回復しないような疲労がある。

→医療費などの絶対、使わないといけない費用が増える。 

こう考えることが出来ます。

脱力が進むことは収入が上がったと同じと捉えよ

このように身体に対する負担が増えることは、実は可処分所得と可処分時間を奪います。

逆にいえば、日々脱力を維持できるようにすれば、収入が上がったことと同じ、ともいえます。身体という「経費」をいかにうまく運用するかが鍵だと考えます。

 

3 身体をRゆらぎして、より長期スパンの生活設計を

「"無駄"遣い」を避ける一番いい方法は家計簿をつけることですよね。今日使ったことを1回1回書き出すことで、Rゆらぎが効きます(キャッシュレスにして使いすぎてしまう方っていますよね。)

脳がきちんと認識させることで、無意識の内に「調整しよう」とホメオスタシスが思ってくれます。

身体を計算に入れてみましょう。

無意識にしているウォーキングも、健康維持に一躍買っていることも多いです。

・通勤や通学が身体のリズムを作っているかもしれません。

・いい職場を選ぶことは、直接、身体と心のリラックスに繋がるかもしれません。

収入や目に見える金額を過大評価すると、相対的に他の値を低く評価していることと同じです。身体、収入、心(感情面)なども総合的に見るのが理想的です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

【今日の雑談のコーナー】

記事では触れなかったけど、月収15万円でどうやって暮らすんだ、貯金するんだという不安からくる身体の不調もあります。今後はここらへん課題ですよね。

 

【ブログ主プロフィール】

永野晋太郎、詳しいプロフィールと連絡先はこちら

職業:ヒーラー(気功師)、ゆる体操指導、ウーバーイーツ配達員(副業)

連絡:以下のいずれかの方法で、お願いします。

・永野晋太郎 (@yurumeru) →TwitterのDMから

LINEから(永野晋太郎を友達追加できます。)

 

【今後の予定】

・6月から講座が開始します!もう1講座追加予定!

オンラインゆる体操講座(6月3日開始!)

オンライン美容ヒーリング講座