みらブログ

デフレで疲れた方の身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。身体・無意識開発をメインに活動中。苫米地・高岡理論をなんとか使ってます。

中小企業・零細企業・個人事業主は生き証人になって、れいわ新選組を支えてほしい!

コロナ禍を生んでいるのは日本人以外の何者でもない。

国民一人辺り10万円が(ほぼ)決まりましたね(こんだけ声挙げて、やっとこさコレってヤバくない?)。

ウーバーイーツやってるのでどうしても目に入るのは飲食店ですが、誇張なく全業界で倒産が相次ぎます。

★めっちゃ見やすい!

 

ひたすら情報を入れているけど、とにかく収拾がつかきません。

Youtuber群の「みんな外に出るの辞めましょう」「なんで自粛しないの?」などを見ていると、

疲れます

統計やデータなどは中々信頼できないものが多く、つじつまが全部合うことはありません。

疲れます。

・余裕のある方の「自粛しないのなんでなの?」

・「1ヶ月で大丈夫だろう」という楽観的な層(何も知らない層)

・国に対して声上げる・責めることばっかりじゃダメだよ的な意見、糸井重里

・マスク2枚だけじゃなくて国はよくやってくれてるよ!みんな調べよう!

・マクロな経済の話しているのに「水商売に補償するのは嫌だ」などと特定の職業を指す

とにかく世代・考え方で分断が起こっていて、お互いがお互いを殺しにきている感じ

大西つねきさんの動画を見ていて、ラスト辺りが非常に刺さった。


いま220兆円を配らなければいけない理由:大西つねきからの緊急告知と拡散のお願い

★2時間12分くらい〜

もう正直ここまできたら、どうにもなりません。

今、100%言えることは僕ら自身がこの状況を生んでいるということです。

日本人全体の無知さ(俺も人のこと言えないけど)を考えると、完全に無理ゲー。詰みました。


やっぱり羽生さん天才です

★羽生さんでもAIでも挽回不可能・・・

個人的には前向きに状況を受け入れ諦めた方が潔いと思うようになりました。

融資で凌ぐだとなんだの言っていますが、生き残ったとしても日本の場合は、その景気が上向いた(?)状態でも、消費税10%は払い続けないといけないわけです。もうおかしすぎる。

今後、日本国中の中小企業零細企業個人事業主が潰れ、景気が回復するにはもう5年とか6年とかかかるかもしれません。日本の場合、回復なんていう未来はない可能性があります。究極、属国であるという構造が変わらない限り、いつまで経っても奴隷です。

 

中小企業・零細企業・個人事業主は生き証人になって、れいわ新選組を支えてほしい!

僕が思うに2年後以降、なんとか生き残った人々(「なんとか事業が残った人」を指さない。なんとか命だけはある!という人々が)声を上げる時期がきます。

この声は今のような「補償を」という声だけを指しません。コロナショック以前から増税や政府のDVに耐え続けて、店の経営がどれだけ苦しかったかを当事者として語ってくれる人がたくさん増えるように思うんです。耳を貸す人も必ず増えます。なんせコロナショックを誰しも体験しているからこそ、R(臨場感)が違います。

自己責任を徹底して振りまいている人々も必ず何割かは味方になってくれます。必ず気づく人がいるはず。


‪山本太郎(れいわ新選組代表)街頭記者会見 大分市 2019年10月28日

★2時間8分くらい〜

まさか「あなたのラッキーいつまで続く」がこういう形で問われるとは。

今現在、身を焦がす想いで従業員を切ったり店を閉じたりしている方々が、大きなれいわ新選組の下支えになって、もっと大きな活動になることを期待しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今日の雑談のコーナー】


=LOVE/≠ME 「次に会えた時 何を話そうかな」【MV】(イコールラブ/ノットイコールミー)

指原P、有能of有能。感じたらすぐ動く。凄い。

 

そのほか、最近は、ソフトバンクの問題を軸に株価とか為替、不動産や飲食店などを軸にお金のめぐりや経営などをお勉強中。どうぶつも森もいいけど、今の内にお金にまつわる知識やスキルを磨いておかないと死んじゃいそうなので(比喩なし)、必ず毎日情報を摂取してる。手洗い・うがい・情報収集ぐらいのリズム。

Webでもいくつか面白いサービスもでている様子。

SHAKYO.io | Code typing practice platform / Practice makes perfect.

 

子供らは何て思ってたんだろうw

 

【ブログ主プロフィール】

永野晋太郎 (@yurumeru) | Twitter

職業:ヒーラー(気功師)、ウーバーイーツ配達員、ゆる体操指導

詳しいプロフィールと連絡先はこちら。