みらブログ

クライアントの身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。

デフレマインドは内部表現書き換えを逆に使った結果

気功は意外にも、書店やメディアなどでよく目にするニュースと深く関わっています。例えば、今現在日本はコロナ以前から20年以上の長期間「デフレ」ですが、それによってデフレマインドが人々の構築されています。人々の内部表現下にデフレマインドが長期間書き込まれている状態です。

★心理的・脳の状態を専門的には「内部表現」といいます。

 

親から継続的にDVや、指導者から体罰などを受ければ、心身にその影響が書き込まれます。人間という存在はプログラムのようなもので、長期間刷り込まれた(書き込まれた)情報通りに動きます。「ダメだとわかっていても、DV男についていく」というのは、プログラムが出来上がっているからです。「ダメだとわかっている」のは顕在意識で、「なぜかDV男についていく」の部分は潜在意識下の処理ですね。

物欲がない・恋愛しないなどは、ただの世代の考えられがちですが、実際は長期のデフレがかなり関わっています。

山本太郎がよく「国からのDV」という表現をされています。

 

貧困の人は、お酒やタバコをよく買いますが、それを見て「まずお酒やめろよw」などという意見も目にします。しかしお酒やタバコ、ギャンブルなどにハマりやすいような不安ベースを国が作り出しているのも事実です。

貧困地域ほど「酒とタバコ」のゴミが多い 金持ち地域に多いゴミは健康器具 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

生まれも悪い、給料も悪い、家族関係も悪い、そんな中「そりゃそうだな、みんなのいう通り俺が悪い、よしタバコも辞めて、心を一新」などと正論を聞いてすぐ立ち上がれる人間などごく一握りです。「酒でも飲まなきゃやってられない」ような状態を国家のやり方から間接的に作られ(=プログラミングされ)ています。

教育心理学、古くはフロイトなどの研究から、子供が親から影響をうけることは、誰もが知っていることでしょう。しかし「親が子供を作る」のは一側面です。環境や学校なども大きく影響します。それと同様に国家、政府がどれだけ人に投資をするか。「お金がきちんとまわる社会か」、これも多大な影響を持ちます。つまりきちんとお金がまわる、そういう政府を目指すことは、国民に向けての「内部表現書き換え」法です。

逆に今の日本の状態は、政府による負の内部表現書き換え(国民への長期間の心理攻撃、誘導)の結果といえます(メディアのひどさもインターネットの登場により以前より、目に見えやすくなりました。)

 

最近、見始めた方には、このブログは何だろう?と思われていたかもしれません。ブログ主(永野)の本業は心理や心、脳、そして身体を扱っています。

私自身、1対1(例えば指導者とされる側、親と子)のような関係性でしか、人の心や身体(≒内部表現)を見てこれなかったです。しかし今、経済学をぬるく学んだだけでも、それが非常に浅いものであったと痛感しています。才能の中身や人の能力がなぜ築かれるかの原因は、そんな単純ではないのです。


児童虐待について。[山本太郎]れいわ新選組街頭記者会見

★質問者の「私は母から虐待を受けたのではなく、日本社会から虐待を受けた」という認識(5分くらいからの所)、鳥居さんの「ちっとも恨んでいません。」という言葉、これらは社会を知らなきゃでてこない言葉です。昔の私なら「国のせいにして」と自己責任論で片付けていたように思いますが、実際は生き抜いてきた人の強さのある言葉に聞こえます。

自分自身に才能がない・能力がないと思い込んでいる(レッテルを貼っている)のはなぜなのでしょう?

親でしょうか。学校でしょうか。環境でしょうか。自分自身の責任でしょうか。

答えは一つではないと思います。一つに絞り込んでしまうと自己責任、あるいはあいつのせいだ、となりがちです。これも今の日本の状態に観えます。

 

私自身は貧困に陥った、奨学金に苦しんだ・・・というようなエピソードはなく、非常に運良く、いい環境で脳と心と身体について10年以上勉強させて頂きました。普通であれば大学に行って、生理学や脳科学や心理学を学びますが、そのルートを選ばないところが吉と出ました。実は気功や催眠や武術、軍事の知識は、今メディアでよく取り上げられる脳科学や心の問題に強く関わっています。スポーツに武術の技術は使えるし、日本の歴史上でも整体でも元々、催眠や気功、共感覚に似た技術が使われていました。

今後はTPPや日米FTAの関係で、国民皆保険制度もどうなるかわかりません。日米FTAのようなものが通るのであれば、またトンデモなものが通ってもおかしくありませんから。今の日本は西洋医学一辺倒な感じがします。「困ったら医者に」ですね。しかしお金がないので高度な医療を庶民は受けられないという未来はすぐそこまできています。というかもうきています。

そうなると東洋医学の出番になります。頼らざるを得ないのです。

誰でも取り組める脱力を促進する呼吸法や、心理療法に催眠や気功を取り入れることで、身体の自然治癒力は格段にアップします。今後は辺りを少しずつ噛み砕いて説明していきたいと思います〜。

気になったら過去の記事も見てみてください。

★この記事↑の下部に感想一覧がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、雑記)

ネットで見つけたいい動画


MMT 現代貨幣理論 勉強会

こんな感じで、ある目的に向かってゆるく人を集めたい。

リモートがグングン流行るので、リアルより、まずそっちかも。

 

イコラブ新曲!めっちゃいい。

やっぱり俺はかわいい曲より、かっこいいやセクシーの方が好き。