みらブログ

デフレで疲れた方の身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。身体・無意識開発をメインに活動中。苫米地・高岡理論をなんとか使ってます。

わざと悲観的になっているつもりもなく、ただスコトーマを外しただけなのに

記事を書き溜めておくようなやり方はあんま合ってないので辞める。情報には鮮度があるのか、思ったことは日々だしていくのが良い。

 

最近はネガティブな情報ばっかり目に付く。(というか、前が楽観的すぎてスコトーマ多すぎだったともいえる。)

headlines.yahoo.co.jp

根暗な情報ばっかりとってるのか、ただ現実を見だしたのか汗。正直、人のことを心配している余裕なぞないので、ニュースをいかに自分のために活かすか、どうやって自分のスタイルを確立していくか、に役立たせたい。

 

「日本全然経済成長してない」→「?、アマゾンだってスマホだってあるしめっちゃ便利になったじゃん」なんてことにはならない。

そんなこというんだったら、江戸の前、明治の前、みたいに、いつの時代も前の時代よりは発展している、「じゃあなんでウーバーやアマゾンのような状態の人が出てるんだ」ということになる。もし経済がきっちりしていれば、完全雇用とまでいかなくても、少なくとも今のような底辺と言われる人が苦しんだり、落伍者がたくさん出るような状況にはならない。

技術経済成長しているし、となるのが普通の状態。

 


TPPやら日米FTAというよくわからないものもお調べ中。

以前、アステルパーム、ショートニングやトランス脂肪酸を調べていた時、アメリカで禁止されているものが日本では売られているという話は聞いたが、これよりもっとひどくなる。というか内容がわからない状態がくる。くるというかきている汗

 

危険な油が病気を起こしてる

危険な油が病気を起こしてる

 

 

ちなみにこれは薬も同様。 


【山本太郎】教えて、太郎さん!精神科のお薬、どう思う?

5分30〜

 

 

食事の問題はオカルトチックにそして神経質になりやすい。なに食えばいいんだ状態は精神的にも良くない。でもひどすぎる話が多すぎる。

以前、東北の無医村に赴任した医者は、最初「薬を出さないから藪医者だ」といわれたそうだ。理解されるために時間がかかったそうだが、それほど病気や死への恐怖は大きく、そこにつけこむ医者や薬品業者が多いということだろう。

「騙す脳」を作る P.71より引用

下手にアドバイスしても↑みたいな状況になりかねない。食事も医療も、人を不安にさせといて、不安につけこんでという状況が出来上がっている。政治経済調べていてつくづく感じていたことは、恐怖、脳でいえば扁桃体に刷り込むというのは、本当に効いちゃうものなんだなぁと。

とりあえず他人より自分。申し訳ないけどね。

~2017年ヒーラーとして指導していた頃は、脱力リラックス瞑想という流れで昔はよくブログに書いていたけど、もっとおっきなもので指導してあげないと(洗脳除去を手伝う)ダメだというのがよくわかってきた。

 

消費に関しても洗脳がある。消費させられる洗脳をかけられた上で、その消費活動から得たもので病気にかかりやすくさせられる、そんなイメージ。

一般的なお金持ちでも、中々心底からの健康は難しいだろう。結局、儲けても身体に負担がいってそれをクリアするためのお金を使わさせられる、という「どっちにしろお金を巻き上げる」を用意している。

 

↓ゆる体操はじめました。

↓Wikiを作ってます

トップページ - 山本太郎(れいわ新撰組)と「空気」勉強Wiki