みらブログ

デフレで疲れた方の身体と心を癒すべくヒーリング(内部表現書き換え)を行ってます。身体・無意識開発をメインに活動中。苫米地・高岡理論をなんとか使ってます。

マギとベルセルクの共通点

某ツイッターから気になって漫画「マギ」を読み中。今、27巻。

・ルフ=気
・黒いルフが蔓延=悪い方の集団催眠
・アルマトラン=パラレルワールド
・奴隷制度とか差別の繰り返し=ヒエラルキー、ハイパーラポール、統治、植民地
・物質次元=物理空間
・精神次元=情報空間

として仮の解釈可能。

 

黒い穴が開いて、依り代が出てくる辺りの描写はベルセルクの蝕、ゲニシュカがでっかくなるときに似ている。

ベヘリットや金属器などはどういったらいいんだろう。

「運命」や「神」は、サムシンググレート。

ジュダルとアラジンが得たのはルフの海?全治の体系?は、アカシックレコードみたいなもの。

 

敵の化け物系統がペニスに見えるなど、作者自体はサブリミナルくらいは絶対に勉強してる。
こうなってくるとゲームクリエイターの方を調べても面白そう。