みらブログ

ファイアーエムブレム好きのヒーラー(気功師)永野晋太郎のブログ。京都駅・大阪駅周辺に出没。

母は時間がないの巻

滋賀県選手権、参観日

の続き。

 

この日は、俺+友達+その友達の子供2人で出歩くという状況で・・・。

 

・放っておいてもそのへんブワーッと歩き回るし(かわいいけど)

・食事をすれば子供優先で食べさせないといけない(かわいいけど)、母が食べるのは後

・で、子供が疲れて眠ったら一安心する、と。

 

そりゃ、母以外の俺らは、いいとこどり(今日だけ世話すりゃいいから)かわいいけどね。

中々、子供の母親はそうもいかないのかなーなんて思った。

 

ここ最近、母や女性の系統の記事がよく目に入る。理論系(トランス、解剖学とか)とかはお腹いっぱいって感じ。 

snjpn.net

↑これとか。

 

同じ仕事量でも「何時から何時まで」と決まっているものと、「予測できない生物が横にいるので常に気を張ってないといけない」のとでは全然違う。

 

 

この辺り、うまいことマッチングできないだろうか?

・学校の教師がブラック部活動している→外注する。

専門学校出ても食べれないスポーツトレーナー(系)なんて膨大にいるので、少し彼らの場所が出てくる+学校の教師の負担が減る。

↑のようなマッチング。お互いにニーズが合っていることが条件。

 

 

<他の事例>

・今回、東京→滋賀に帰ってくるに辺り、冷蔵庫や洗濯機等を売った。

粘ったら1万円近くでは売れたかもしれないけど、即効性が欲しかったので、ほぼ無料で持っていってもらった。その時点での僕のニーズには合っていた。当然、安く引き取りたい個人業者のニーズにも合っていた、と。

スマホアプリのジモティーで割とすんなり。合計で10数点を持っていってもらった。

 

・趣味と実益を兼ねる。

友達と話していて、託児所とか保育園とかに預ければ、その間は息抜きが少しはできるかもしれない、と。でも預けるにはお金が必要だと。

1お金を満たそうと思えばバイトで外に出ないといけない。

2気分転換の時間を作る

1と2、2つやろうとすると、新しいことを2つ開始しないといけない。こんな非現実的なことはない。

ならば、息抜きの時間(趣味の時間)と実益を兼ねてやれればどうか。できれば家だけでもできればいいけどね。ハンドメイド、ブログとか。若くてもPCなどに障壁を感じる人も多いから、壁を感じさせないサービスの外形が欲しい。

 

結婚アプリのようなマッチングアプリも、両方のニーズを満たしている例といえるが、もっと遠く離れている例をつっくけたい。スポーツと催眠とかは、ほとんど隣同士なのに、それに10年近くも気づかないで運動していたわけで。

「結婚しないといけない」もん同士だと、洗脳されたもん同士のhavetoマッチングアプリになっているわけだし。

 

おそらくだけど滋賀県の記録会とかは、未だに当日に個票手書きで書いて申し込みしているっぽい。何時代だ。

ここらへんのことは県ごとにやり方が違う。俺が大阪の試合出るときはまた別のやり方を調べる、みたいな。全部統一できないもんか。教師や定年すぎた方たちが暑い中、頑張っているので、成り立っているのが競技会だけど。それと連動して、アップデートするような空気感ではないこともうっすら感じてる。悪循環なのかね。まぁ何よりお金がなさすぎるのか。

 

 

とはいえ、色々書いたけど、やりたい!とバッチとハマらず、ダラダラしている俺が一番の問題

とりあえず人脈ジワジワ広げていって、聞いてみるしかないね。肝心の行動力や想いが一番の問題。