才能の中身研究ブログ

スプリント(100m)/飛脚研究家/情報身体の映像化/ヒーラー(気功師)/UberEats配達員/MJ大好き/FE廃人/指原好き

身内、恋人や家族が謎の体調不良に陥ったら

一番初めは冷静に現状把握をしてみましょう。僕であればその手伝いが可能です。

 

ガン宣告も同様ですが、「あなたガンです」と言われても、今すぐ次の日から死ぬわけじゃありません。とりあえず冷静になって聞くことです。ガンでなくともこの現状把握が無知な人や不安な人ほど弱いので、周りの家族は支えてあげることです(当然、聞くこと=相手が話すことが、Rゆらぎになってます

 

まずは地に足つける、深呼吸するようなイメージですね。

 

で、体調を把握してみましょう。限りなくいっぱい書き出すことです。(当然、書き出すことが、Rゆらぎになってます

 

・身体の症状

・特にどの部位に痛みがあるか、異常があるか

・どの期間、日にちからか

・どのくらいのスパンで起こるのか

 

書き出してると、最初はわかりやすい食事の観点、運動の観点に原因を求めます。しかし、それで説明できないことが出てきます。

 

で、ヒーリングの部分というか、非言語の部分が登場します。

 

・サイキックアタック(気、念による攻撃)

・場所からの影響

 

などと具体的説明をつけていきましょう

 

具体的には引っ越してから明らかに体調が悪い、や、他人から譲り受けたAをもらってからおかしいような気がする、部署が変わってから体調が悪いとか、ですね(このあたりは封入等の理論がわかっている前提が書いてます。千里眼やサイキックアタック、リモートビューインなどの技術も原理的には可能ですから、それを別の方向に使ったことも日常的に当然起きています。(よい子は「呪い代行」などググったら調べちゃダメです。

 

人の体調はもっと広いものの影響で成り立ちます。食事や歩き方だけでは解けないんですね。

 

初めに手伝いと書きましたが、人間関係が原因であれば、物理的に謝って済む場合(気が済む)もありますし、気の玉で磨いたりすることも可能です。身体意識のリバースは胸襟を開いて気を通わせることが一つの効果ですが、情報身体が逆方向に閉じて行く場合もあります。オープンダイアローグは気の交流をうまくさせているのが僕の予測ですが、逆に閉鎖的になって、もっとひどくなり、ナチュラル呪い合戦の職場もあります。

 

気を入れたり施術するのもヒーリングですけど、「さすがにここは場所が悪すぎるから、できるだけ転職を勧める」というのも気功なんですね。職場や転職や恋人との関係を~にしましょうという風に作戦立てるのもヒーリングの一つの使い方です。大昔は本当の意味での使える占術があったのだと思います。もうほぼ完全に消えてるけどw

 

★念やらなんやらも普通に考えるとオカルトですし、これらが関係ない事例も多いです。

★時間が経てば治る系統であればほっておけばいいわけです。例えば筋肉痛など太陽が沈むのと同じで、時間の問題です。問題は、病院でも匙を投げられるような状態や原因がまったく掴めない時です。