みらブログ

ファイアーエムブレム好きのヒーラー(気功師)永野晋太郎のブログ。京都駅・大阪駅周辺に出没。

人が死ぬ時、最後に閉じるのが聴覚だと言いますが、似たような感覚かもしれません。

※過去に行ったヒーリングの感想(本人に許可を頂いた)ものを掲載しております。色の文章はクライアント様、返信は僕です。

 

無償遠隔「10分で10つの気功技術をかける!」と「仙腸関節ぶっ壊せヒーリング」のフィードバックを掲載させて頂きます。

こんにちは。
遅くなりました。12日の無償ヒーリングのFBです。
今週月曜日に次いで、3夜連続でヒーリングを受けたこともあって、脳疲労と好転反応(多分)が強く、横になって受けました。
椅子に座って受けた方が、うっかり寝ずにすむし、感覚も掴みやすいのですが、どうにも頭が痛く、仕方なしです。
時間になって、両掌がジンジンきました。「美肌クリーム」の伝授の時と感覚は似ていますが、指というよりは掌にきて、それが柔らかく優しく波打ちます。それだけでなんとも幸せな感じになり、自然に笑みがこぼれました。次に下丹田がほかほかと温かくなり、全身がポカポカしてきました。そこから先、半分意識がなくなっています。音楽をかけていて、耳はそれをずっと聴いていたので、寝ているはずはないのですが。
(「仙腸関節」のFBに続きます。)

脳疲労は辛いです。肉体的な辛さというより、頭がガンガンするしかし単なる頭痛とも違う、脳が命令をやめて全身の機能をパッタリやめさようとしているような感じですね。ただこうやって気功で脳に負荷をかけていると、身体の感覚はドンドン研ぎすまされて、肉体のこりなどにすぐ気づくようになります。達人の第1歩はそこです。

下丹田は腸を暖めます。臓器がゆるめば血流はかなり回復します。(といっても意識にあげようとしないと中々上がりません。せっかく冷え性改善の効果もあるのに。「体温」も意識にあげなければ・・・つまりフィードバックをとらなければ改善はしにくいのでしょう。)

 

「10分で10」の全身ヒーリングを受け、「天国状態」で横になっていたためか、受けていて体への大きな感覚や打撃はなかったです。音楽は耳にずっと入っていたので、寝いってはいないと思うのですが。
(人が死ぬ時、最後に閉じるのが聴覚だと言いますが、似たような感覚かもしれません。)
もう終わったかな、と時計を確認したら、0時40分でした。
トイレに立つため、おっかなびっくり立ち上がったら、ちゃんと立てましたけど、腰がいやに軽いです。

もの凄い体験をされてますね(^^;)
面白い。
子供の頃、徹底的に遊んで、もっと遊びたいのに気づけば眠すぎて寝てしまって、その後爆睡という経験がありましたが、脳がシャットダウンする感覚はそれに似ているかもしれません。

ゆるんだら腰は軽かったり重く感じたりします。(「差分がない」のが最悪です。)

腰が緩んで軽くなっているけど、歩くと(動くと)重みが効いている感じかと思います。
逆に腰が固くて重く感じて、歩くと(動くと)軽く感じるタイプは腰痛の疑いがあります。
まぁ言葉の表現はあくまで本人の主観でしかないのですが。

 

そのままぐっすり朝9時過ぎまで眠りました。
まずいなあ、自分にとって課題満載の「仙骨」周辺の調整で、しかも有料、それで何も覚えていないのでは・・・いや、体にこの情報は入っているはず。
咄嗟に小さなアバターを何体か作り、仙腸関節、次いで仙骨を叩き、潰させました。
アバターを作ったのは初めてで正確な作り方は知りません。

この「正確な作り方は知りません。」

なのにやってみた

という感覚は共有されるべきです。

 

ポンと下半身が浮き、仙骨を叩き壊した時はみぞおちから膝も踵も浮きました。
意識が明瞭な状態でヒーリングを受けた時とあるいは違っていたかもしれません。確かにアバターが頑張ってくれていることを確認したら、「10分で10個」ヒーリングで温かくなった掌を下丹田に置いて、「外の私」も援護射撃です。
時に9時30分。掌はまだほかほかです。
ストレッチでもして、柔軟性のチェックをしようか、と思いましたが、体がどうにもだるいです。そこでつま先を互いにぶつけ、自然に開きましたら、両の小指が床(ベッド)につきました。きっとアンドゥオールしやすくなっていると思います。

筋肉自体の柔らかさではなく稼動域という意味での柔らさはですね。
遠隔をやっていると、身体の稼動域が広げやすくなったという報告がよくあります。
筋肉自体の柔らかさとの相関関係はないと思うのですが、遠隔で上手く脱力した上で、関節の解剖学などを深く知ったバレリーナの方が、ストレッチをするとこうなるのでしょうか。

 

体が確かに弛むにつれ、何か問題が出ても、何とか対応できる、しかもより楽しめる方向が見つかる自分の変化を見つけて、嬉しく思います。
以前の私は「こうすべきだ!」というのが強く、ストレス対応も下手でした。
この一週間の変化は大きいです。
好転反応の一つだと思いますが、両眼が熱をもち、「ああ眼を弛めたい!」という状態が続きましたが、アバターの一人に眼を交換してもらったら、楽になりました。「彼女」は、暫く私の眼を預かって、回復させてくれるそうです。
先生、今回もありがとうございました。

良かったです。アバターはとにかく「まるでその人がいるように」やることがコツです。
また気功で自分で気功技術をかけたor他者から遠隔気功を受けた云々に関わらず「短期間で変化した」という実感は大きく自分を成長させます。1週間前の自分と別人になれる、という感覚は次に必ず役立ちます。

 

FBの続きです。
多分大切であろう事を思い出しました。
朝9時までぐっすり、は事実ですが、実はトイレに立ってベッドに戻ってから、かなり長く頭が締め付けられる感覚がありました。脳が大きくなって、今の頭蓋骨では狭い、「頭蓋骨調整したい」と本気で、心の中で叫んでいました。
仙骨、仙腸関節ヒーリングときっと関係あると観じます。

骨盤を取り出して大きさを確認するワークがありますが、この頭蓋骨バージョンをやってみましょう。頭は小さく、頸は細いです。一気に小顔になって、首が緩めば肩も緩みますので。

この方が仰るように、仙腸関節ヒーリングをやって、他の部位に影響は出ます。
胴体の上の方をゆるめて中々うまくいかないなら、骨盤部をゆるめてみてください。
急激にうまくいくようになる場合があります。

これは身体のバランスが改善されるからです。
身体はある部分を前に出すと、それ以外の部分を後ろにやってバランスをもって立とうとします。それが必ず微細なレベルで起きます。胸を出すと、腰は反りますし、お腹をグッと固めて無理矢理立とうとすると、背筋に力を入れます。

ひたすら一部分をゆるめたら効果が出ることもありますが、うまくいかない時もあります。そんな時は、部位をまったく別の部分に変えてみて下さい。うまくいきます。

素晴らしいフィードバックありがとうございますm(_ _)m