才能の中身研究ブログ

スプリント(100m)/飛脚研究家/情報身体の映像化/ヒーラー(気功師)/UberEats配達員/MJ大好き/FE廃人/指原好き

サウンド・ラポール

レシピ

心臓のチャクラ

空間への働きかけ

オーケストラの臨場感

観の目ならぬ観の耳

など

 

取扱説明書

トリガー:両耳を手で軽く覆う。(数十秒程度でOK)

少し前に伝授していた点開と似ている技術。

簡単にいうと音からラポールをとる技術と捉えていい。呼吸を同調させて等、手法がたくさんあるといえるが、音というのは、常に同じ空間にいれば共有している情報の一つ。モスキート音などがあるように、非可聴領域も含め居合わせた人間全員「共有して」聞いているかもしれない。

実はラポールに使えるのが音ということ。

面白いのは、「自分が聞いている情報」はイコール「相手が聞いている情報」ということ。自分が聞く音を共感覚的に捉えると情報量が莫大に増える。

その上で、NLPなどの簡単なワークをやると、結果的に勝手に胸襟を開き、心を通わせるラポールがとりやすくなる。

自分にかけるようにしてもいいし、二人のラポール空間にすっぽりこの技術をかけるイメージでも可能。

 

作成秘話、感想、一言メモ

周辺視野の耳バージョンというコンセプトで作成。どちらかというとお気に入り技術。