コロナを生き抜くヒーラーblog

苫米地・高岡理論を使いつつ、内部表現書き換えやってます。最近は政治経済や副業Ubereatsの話が多いです。

サラミスライス

・読書(就活言論、こころのウイルス、インナーテニス、感情図鑑など)

・シャーデンフロイデ

 

・「サラミスライス法」が効いている感じがする。

 

・いくつかの技術を作成→永野倉庫に追加。昔から「気が散る」「気にしない」などという。気が情報なら、散ったり認識に上がったり逆に隠れたり、この辺りタスクの処理の話とくっつけるとめちゃくちゃ面白い。モーツァルトにとって音は空気に近かったと思う。

 

・グレインサイズの最適化は、いったら慣れ