才能の中身研究ブログ

スプリント(100m)/飛脚研究家/情報身体の映像化/ヒーラー(気功師)/UberEats配達員/MJ大好き/FE廃人/指原好き

親子関係改善と潜在意識教育(4)ラポール、身体、非言語

名刺を出すときに

・直線的に出す意識

・放物線を描いて相手に渡す意識

どちらが相手に不快感を与えるか。

f:id:nshinchang:20181213122121j:plain

今、目の前に人がいると想像してやってみてください。最初はもらう側でやってみるといいかも。

 

次にこれを赤ちゃんにスプーンで食べ物を出すバージョンでやってみてください。

 


【おマメちゃん】赤ちゃん スプーンで水分補給 生後8ヶ月

 


離乳食の食べさせ方 赤ちゃん#13Baby/A meal makes it eat and it is a way.

 


1歳児ご飯を食べさせるパパ

 

自分の意識(イメージ)の持ち方で

・物理的なスプーンの運び方も微妙に変化 

・直線的だとグサッと出された感じがする ← → 放物線だとふんわりとした印象に変わる

などが起こります。

 

やっぱりこういうのはナチュラルに女性の方が上手ですね。

 

これを日常的に家庭の中で繰り返しています。

世の親御さんでも知識によらない経験則でこれを知っています。

 

二人以上の人間が寄り合って生活している。その生活の歪みで体に異常を起こしているとしたならば、その生活の歪みを正すことの方が健康への早道だし、二人以上の人間関係のおいてはラッポール的な繋がりがある。

 (P38から引用 病人と看病人)