改題中・・・

改革中・・・京都駅・大阪駅周辺に出没

飛脚

飛脚は変性意識に入って傾いて走った仮説

www.naganos.net であったとして、ならスプリントはどうだろう。 今現在の世界記録はボルトの9秒58となっている。 人類の限界はフレーム(骨格)からして9秒8だとか、9秒6だとか、毎回科学者の意見は変わるので 専門家の予測はサルにも劣る 作者: ダン・ガー…

飛脚の平均時速は41キロ以上

現在のマラソンの世界記録は平均時速20キロくらい。 「ヒトは地上最速の動物だった」によれば、飛脚の平均時速は41〜66キロという推測になっている。この本では、竹斎を元にして語られているが、同様の似たエピソードは甲野善紀さんや忍術系統の本にも複数出…

飛脚の辺りの空気感〜NARUTOを見て「忍者なのに全然忍んでない」という輩

以下、"非常に大雑把に"まとめ。 ・忍者→飛脚(廃業した忍者が飛脚へ、の流れ) ・山伏、修験道、催眠術、霊術等の廃止→現代体育への流れ、西洋文化の取り入れ、歩き方の変化(明治維新あたりの流れ) ・NARUTOを見て「忍者なのに全然忍んでない」 ・催眠術…

飛脚はどのように走ったか(2)

米俵を担ぐ女性などを例に出したり、江戸時代の身体づかいはある時期から着目され出しました。鉄山先生の動きは現代剣道の「ピシっ」とした感じとは全然違います。 鉄山さんの祖父(黒田泰冶さん)はもっと速く剣が抜けたという話もあり。松林無雲や真里谷円…

飛脚はどのように走ったか(1)

今回からシリーズで飛脚の動きについて考えてみたいと思います。 時速30キロで10時間くらい走れる(ペース)な飛脚ですが、 ・平均速度 ・最高速度 ・疲労度(回復の仕方) ・ペース ・物理的な動き方 ・意識状態 ・脱力の度合い 色々な考え方があります。結…