みらブログ

ファイアーエムブレム好きの後天的共感覚者のブログ。滋賀県・京都駅・大阪駅周辺に出没。

フォーム学習からオサラバした個体になって足を速くするには?〜一人だけ写真記憶を学ぶイメージで

これからは、これまでの足の速くなり方を全て捨てて方法論を考えていく。物理をどう動かすか(フォーム的な概念)を一切消して、どうやって上達するかを考えてみたい。

例えば


Yamaha R1 300km/h Freeride ヤマハ (Vollaweck.com)

のような動画の速度感覚と、自分が走っている(だろう)状態と貼り付ける実験をしている。「だろう」としているのはイメージは適当にしておいた方がいいから、という理由(自律訓練法で腕が重い脚が重いといったらそうなるように、方向付けだけシンプルにしておく感じ)

催眠状態に落として。映像から触覚を生み出すようなイメージ。

 

ジョーダンのようなフルクラムシフト系の動きをみまくるのもいいけど、しかし題材が少なすぎる。動物の柔らかな動き。スライム、水銀などのイメージに近いものなどでも足りず、題材がもっと欲しいところ。


水銀に浮かぶ鉄球

結局、イメージの世界なので、イメージとイメージの貼り付けといえる。例えば今、Youtubeを見ればジョーダンの軸やフルクラムシフトの動き方は誰でもみることができる。今、書いてて思ったけどゲシュタルトは、酸いも甘いも知ったあとに構築されるんじゃないだろうか。柔らかな動きだけみていてもダメなのかも。

 

 

走るのが遅いけど、走るのがうまい人もいるだろう(速いのが上手いというのも一つの見方でしかない。)ボルトが一番速いけど、トランスに一番うまく入れているわけではない。ガトリンやグリーンなんかも断然身体は硬い。

自分にとって必要な材料を間違えずに、現在のタイムは無視して、徹底的に入れる、これがおそらく近い。イメージとしたら、皆が普通の能力開発やっている最中、一人だけ写真記憶を目指すイメージで速くなりてぇ。なんかカツーンとヒントになるイメージがあるに違いない。ぶち当たるまで探すしかないね。手法がないなら自分で作るしかない。

稲川先生の動きやシステマの動き、江戸時代の剣術家の動き、中国拳法と気、江戸時代と剣術家の気、催眠と道教の関係、忍者の元ネタ・・・などから考えるに

・中国拳法

・江戸時代の剣術家、武術家

・飛脚と忍者

身体使いのツールとして用いていたものは、おそらく同様

 

ゼロレンジの肩甲骨辺りの理論は支点を作らない、飛脚の股関節や膝足首関節も同様の使い方。支点を使わず、自由にまわす。支点自体を回転させる。あとは回転させる時のイメージ。

多分解剖学がそこまで発達していなかった時代も、感覚的にはわかっていたと思う(とされているだけかも、ここらへんも正直怪しい。表で解剖学が出る以前から、裏では絶対解剖学はあったのかもしれない。)

しかし今一度、書いているだけで非常に面白い。

システマには呼吸法が折り込まれているが、創始者のミカエルさんは軍事関係。稲川先生も軍事関係であり、忍の家系。TVとかで出ている催眠術士(名前忘れた)あと人も、催眠の家系(道教の家系)、情報には必ず元ネタがあり、アレンジされたり劣化したりバージョンアップしたり、いろいろされながら受け継がれている。漫画みたいに。

究極の身体は現代的に解剖学との関係性の中、まとめたものだが、別の使い方も考えたい。その方が絶対にスコトーマが開ける。本の中ではあくまで高岡先生が想定しうる、天才・達人の動きの想定という範疇に止まっている。人間はもっと多様だと思う。

究極の身体 (講談社+α文庫)

究極の身体 (講談社+α文庫)

  • 作者:高岡 英夫
  • 発売日: 2009/08/20
  • メディア: 文庫
 

 飛脚の速度の出し方は、機械的にみているしね。 

 

フォーム廃する辺りは高岡理論などの重要な点になっているが、結局のところ、ゆる体操にしろフォームを入れ込んで作る体系になっている。甲野さんの研究も非常に面白いが、剣の持ち方(手と手の幅など)をいう辺りは納得できない。初動負荷理論などもマシーンにある程度、形が規定される(それがいい面とされているが。)筋トレやウェイトやヨガで身体を形づくるのも、僕は「そりゃズレてるよなぁ」と感じてしまう。

稲川先生や拓さんのやっていることは、こうきたらこう動く、この角度、といったようなフォーム学習ではない。トランス訓練と、肉体にイメージを刷り込む訓練を同時にやっている。前者がうまくいかないと後者のウェイブも一定のところしかスピードがでないのではないか。

僕はイメージ的でいいと思う。イメージでイメージを動かす。そしてそれに臨場感を持つ。イメージでイメージで、そのイメージもまたイメージで。というようなw

 

でもなんかあれだね。江戸時代の剣術家や中国の拳法家の動きを現代で再現しようとする際に、どうしてもフォーム的になってしまうってのは、実は多くの実践者が抱えてしまう壁なんじゃないかね。

あぁ!既存の手法を捨てるって気持ちいいね。

デフレマインドは内部表現書き換えを逆に使った結果

気功は意外にも、書店やメディアなどでよく目にするニュースと深く関わっています。例えば、今現在日本はコロナ以前から20年以上の長期間「デフレ」ですが、それによってデフレマインドが人々の構築されています。人々の内部表現下にデフレマインドが長期間書き込まれている状態です。

★心理的・脳の状態を専門的には「内部表現」といいます。

 

親から継続的にDVや、指導者から体罰などを受ければ、心身にその影響が書き込まれます。人間という存在はプログラムのようなもので、長期間刷り込まれた(書き込まれた)情報通りに動きます。「ダメだとわかっていても、DV男についていく」というのは、プログラムが出来上がっているからです。「ダメだとわかっている」のは顕在意識で、「なぜかDV男についていく」の部分は潜在意識下の処理ですね。

物欲がない・恋愛しないなどは、ただの世代の考えられがちですが、実際は長期のデフレがかなり関わっています。

山本太郎がよく「国からのDV」という表現をされています。

 

貧困の人は、お酒やタバコをよく買いますが、それを見て「まずお酒やめろよw」などという意見も目にします。しかしお酒やタバコ、ギャンブルなどにハマりやすいような不安ベースを国が作り出しているのも事実です。

貧困地域ほど「酒とタバコ」のゴミが多い 金持ち地域に多いゴミは健康器具 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

生まれも悪い、給料も悪い、家族関係も悪い、そんな中「そりゃそうだな、みんなのいう通り俺が悪い、よしタバコも辞めて、心を一新」などと正論を聞いてすぐ立ち上がれる人間などごく一握りです。「酒でも飲まなきゃやってられない」ような状態を国家のやり方から間接的に作られ(=プログラミングされ)ています。

教育心理学、古くはフロイトなどの研究から、子供が親から影響をうけることは、誰もが知っていることでしょう。しかし「親が子供を作る」のは一側面です。環境や学校なども大きく影響します。それと同様に国家、政府がどれだけ人に投資をするか。「お金がきちんとまわる社会か」、これも多大な影響を持ちます。つまりきちんとお金がまわる、そういう政府を目指すことは、国民に向けての「内部表現書き換え」法です。

逆に今の日本の状態は、政府による負の内部表現書き換え(国民への長期間の心理攻撃、誘導)の結果といえます(メディアのひどさもインターネットの登場により以前より、目に見えやすくなりました。)

 

最近、見始めた方には、このブログは何だろう?と思われていたかもしれません。ブログ主(永野)の本業は心理や心、脳、そして身体を扱っています。

私自身、1対1(例えば指導者とされる側、親と子)のような関係性でしか、人の心や身体(≒内部表現)を見てこれなかったです。しかし今、経済学をぬるく学んだだけでも、それが非常に浅いものであったと痛感しています。才能の中身や人の能力がなぜ築かれるかの原因は、そんな単純ではないのです。


児童虐待について。[山本太郎]れいわ新選組街頭記者会見

★質問者の「私は母から虐待を受けたのではなく、日本社会から虐待を受けた」という認識(5分くらいからの所)、鳥居さんの「ちっとも恨んでいません。」という言葉、これらは社会を知らなきゃでてこない言葉です。昔の私なら「国のせいにして」と自己責任論で片付けていたように思いますが、実際は生き抜いてきた人の強さのある言葉に聞こえます。

自分自身に才能がない・能力がないと思い込んでいる(レッテルを貼っている)のはなぜなのでしょう?

親でしょうか。学校でしょうか。環境でしょうか。自分自身の責任でしょうか。

答えは一つではないと思います。一つに絞り込んでしまうと自己責任、あるいはあいつのせいだ、となりがちです。これも今の日本の状態に観えます。

 

私自身は貧困に陥った、奨学金に苦しんだ・・・というようなエピソードはなく、非常に運良く、いい環境で脳と心と身体について10年以上勉強させて頂きました。普通であれば大学に行って、生理学や脳科学や心理学を学びますが、そのルートを選ばないところが吉と出ました。実は気功や催眠や武術、軍事の知識は、今メディアでよく取り上げられる脳科学や心の問題に強く関わっています。スポーツに武術の技術は使えるし、日本の歴史上でも整体でも元々、催眠や気功、共感覚に似た技術が使われていました。

今後はTPPや日米FTAの関係で、国民皆保険制度もどうなるかわかりません。日米FTAのようなものが通るのであれば、またトンデモなものが通ってもおかしくありませんから。今の日本は西洋医学一辺倒な感じがします。「困ったら医者に」ですね。しかしお金がないので高度な医療を庶民は受けられないという未来はすぐそこまできています。というかもうきています。

そうなると東洋医学の出番になります。頼らざるを得ないのです。

誰でも取り組める脱力を促進する呼吸法や、心理療法に催眠や気功を取り入れることで、身体の自然治癒力は格段にアップします。今後は辺りを少しずつ噛み砕いて説明していきたいと思います〜。

気になったら過去の記事も見てみてください。

★この記事↑の下部に感想一覧がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(以下、雑記)

ネットで見つけたいい動画


MMT 現代貨幣理論 勉強会

こんな感じで、ある目的に向かってゆるく人を集めたい。

リモートがグングン流行るので、リアルより、まずそっちかも。

 

イコラブ新曲!めっちゃいい。

やっぱり俺はかわいい曲より、かっこいいやセクシーの方が好き。 

 

コロナの最中、まだ経済的に生き残れる分野は何か〜そして日本がコンフォートゾーンから出る可能性

「コロナの最中、まだ経済的に生き残れる分野は何か」勝手に診断。書いてある職種は、個人の経験が濃くでるので「これ載ってねーぞ」は勘弁。まずダメな分野からまとめていきたい。

 

×××(トリプルバツ、取り返しつかない)

・ホテル業(一番わかりやすくダメ。)

・インバウンド系

 ・お土産物屋さんとか

 ・観光業、バスとか案内するやつ系。

・スポーツジム(生活に絶対必要でないもの。削りやすいもの。)


倒産続出?!ジム経営者が語る現状 2020年3月19日 山本太郎とネットでおしゃべり会

・水商売(詳しい分野ではないが、これも削りやすい分野らしい。)

・演劇、展覧会、フェス系(補償なし。倒産一直線。)

 

××(最悪ではないが、でも最悪)

・飲食店(規模が小さいor個人店舗)

特に個人店舗はきつい。前のウーバー記事でも書いた。

 

×(普通に人は減るよね、でも最悪は回避)

・出前業、ウーバイーツ(減るけど一定数、需要がある)

・家事代行(お金がある人は頼む。生活への必要度が高い、が条件。時間を買う人は一定数いると思われる。)

・配達業、運送業(アマゾンなどはフル稼働なので、劇的には減らない。)

・本屋(今回のことでは、一応需要があるのかも。家で読むので。)

・せどりなどネットを活用する系(物理的に個人店舗を構えるよりは幾分マシ)

・youtube利用のビジネス(広告を出す会社自体が減るという話も聞いた。いくら再生時間が伸びたといっても、稼げるようにはならない。ここではyoutube1本で食べている人を指さず、youtubeをうまく利用して稼いでいる人という広義の意味で書いている)

YouTube、新型コロナ感染拡大をうけ再生画質を480pに - Impress Watch

★こうやって書いてるけど、基本的には人件費削るし、職なくなった人も何かに飛びつくわけで、そんなうまいことはいかない。 

 

△(まだギリギリやっていける)

・チェーン店(特に規模が大きいもの。内部留保の溜め込んでいる度合いが大きいところ。人件費を削って?会社自体は続く、かも。デフレで下ってた店や、いきなりステーキみたいなところでなければ。)

・医者、医療など(身体、命の部分。何がなんでもここにはお金をかけようとするという意識は外れない。)

・医療ではない分野の隙間産業(医療で治せない人間が、殺到する。メディアで流れない相当な隙間産業だとは思われる。特に日本では。)

・占い師(三橋さんが冗談で「こんなに国民が不安になったら占い師とか儲かるかもね」と言っていた。的を得ているように思う。)

 

の分野はございません汗

あるとしたらパチンコかな・・・

news.yahoo.co.jp

 

まとめ

・インバウンドのような不安定なものに頼らず

・生活に絶対必要であるもの(できれば命に関わること)

・自分は内部留保・貯金をたっぷり溜めてあって

・こういう状況でもお金を継続的に使える富裕層にコネクトを持った

・相手の利益を満たせるくらい能力が高く

・人件費をかけずに済んでいる個人事業主or少人数の集団

そんな人間になれば生き残りやすい。どんだけ少数だw

でもこの辺りあg自分の役目という感じも。ヒーラーやコーチングなんて一般的にはオカルトやねずみ講と同じだしね。人の不安につけこまず、普通に稼ぎたいのであれば、虎視淡々と実力をつけるしかない。今、一番必要なのはここらへんを踏まえた上でのバランスだ。やっと気づいた。

日本の西洋医療一辺倒の状態(アメリカから薬を徹底的に買わされているような状態)からこの分野が覚醒することはない、というイメージがあったが、違うかもしれない。もし山本太郎が政権をとるようなことがあれば、ここらへんも長期スパンで見て、直せる部分。

つまり今回の流れは、日本という国がコンフォートゾーンから出る、ということなのではないか。内部表現書き換えの理論が、国家にもあてはまるのは面白い。